最近の連邦政府の急増にもかかわらず、米国の死刑執行数は1991年以来最低です。

死刑を非合法化した州の数は増加しており、死刑を求めないと言う検察官の数も増加しています。